ごあいさつ ~ 院長 新田 真吾

院長 新田 真吾


はじめまして。当クリニックのホームページをお越しいただき誠にありがとうございます。
このたび阪急川西能勢口駅にあんしんクリニック川西を開業させていただくことになりました院長の新田 真吾(にった しんご)です。
私は今までに大学の関連病院やあんしんクリニックにて多くの患者さんの治療に従事してきました。私たちの目指す医療は患者さんの痛みの原因を追求し、痛みをやわらげることで、日常生活レベルを限りなく病気や怪我の前の状態に戻すことを目標としております。当クリニックの特徴は、理学療法士によるリハビリテーション治療を併用した保存的治療から専門性の高い手術的治療まで幅広く対応ができるところです。また保存的治療で十分な効果が得られない場合は手術的治療も選択肢として挙げられます。手術となる場合は当クリニックの関連病院であるポートアイランドのあんしん病院にて行います。私は人工関節手術を専門にしており、現在までに4000例以上の人工関節手術(股関節と膝関節)を行いました。手術には最小侵襲手術を積極的に取り入れており、人工股関節置換術では筋腱組織を切離せずに行う前方侵入法を全例に取り入れております。また人工膝関節置換術では全置換(通常行われている人工膝関節)だけではなく単顆型置換術(片側のみ)も積極的に行っております。人工関節再置換術(人工関節の入れ替え)の対応も可能であります。患者さんの早期回復・早期復帰を目指して日々研鑽しております。また腰椎疾患、スポーツ障害、肩関節疾患の手術に関しましては、当院の関連クリニックであるあんしんクリニックの専門医に紹介することが可能です。関節痛、腰痛、骨粗鬆症から外傷やスポーツ障害まで幅広く対応できる地域の身近な総合整形外科クリニックを目指して最後まで責任をもって治療させていただきます。


これまでの経験を活かして、病気やけがの治療やそれらの発症予防に全力で取り組み、すべての患者さんに健康な生活が送れるように努力していきたいと考えております。親しみやすいかかりつけ医であると同時に信頼される執刀医であり続けることを常に心掛けておりますので、皆様よろしくお願いいたします。

経歴

平成10年3月 福井医科大学(現 福井大学医学部)卒業
平成10年5月 医師免許取得
平成10年5月 京都大学医学部附属病院整形外科教室入局
平成11年2月 京都市立病院 麻酔科研修
平成11年6月 福井赤十字病院整形外科
平成13年6月 国立宇多野病院整形外科
平成16年7月 兵庫県立尼崎病院整形外科
平成19年5月 Rizzoli整形外科病院留学
平成20年4月 兵庫県立尼崎病院整形外科
平成23年5月 あんしんクリニック(現 あんしん病院)
平成28年6月 あんしんクリニック住吉 院長

資格

日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

所属学会

日本整形外科学会 日本人工関節学会 日本股関節学会

リハビリ予約センター
  • リハビリのみ予約制となっております
    診察は予約制ではありません

問診票ダウンロード

メディカルスクウェア川西能勢口

▲ページトップ